So-net無料ブログ作成
謎ニュース ブログトップ

<意味不明>  新国立、聖火台の置き場なし  <仏作って魂の場所想定せず> [謎ニュース]

<意味不明>  新国立、聖火台の置き場なし  <仏作って魂の場所想定せず>


2020年東京五輪・パラリンピックの主会場となる新国立競技場内に、聖火台を置く場所がないことが明らかになりました。 事業主体の日本スポーツ振興センター(JSC)は競技場外に置く案を示しましたが、大会組織委員会は反発。3日夜、遠藤利明五輪担当相を座長とする検討チームを発足させ、大型連休前をめどに設置場所や設置主体、費用負担の案を出すことになりました。国際オリンピック委員会(IOC)は、聖火台は原則としてスタジアム内の全ての観客から見える場所に設置すべきだと定めています。しかし、昨年12月に採用された建設案では聖火台を置く空間がありません。JSCは屋根で覆うザハ・ハディド氏監修の旧計画でも外に置くことを想定しており、「組織委から聞き取った要望の中に、聖火台を競技場内に置くという話はなく、(白紙撤回後の)公募時にも設置場所は想定しなかった」(幹部)。

いや、色々謎すぎます。一体どんな話し合いをしてるんでしょうかね・・・。会議中に「・・・あのう・・これ、聖火台ってドコですかね?」という質問が誰からもなかったんでしょうか。組織委員会としてはそんなの当たり前と思ってあえて言わなかったという事でしょうか。というか、建設案を出す時に、聖火台の設置場所を設ける事がデザイン上の必要な項目に入ってなかったって事ですよねこれ。でも、デザインチームも、オリンピックスタジアムを作るコンペに参加してるのに、聖火台は? と誰一人疑問に思わなかったんでしょうか・・・またデザイン選定の段階でザハさんの建設案を見て、象徴とも言える聖火台がデザインの中に見当たらなければ、聖火台ドコなの? という話になると思うんですけど・・さらに、その後さんざん揉めて新案になるまでの間、聖火台について一度も会話に出てこなかったという話だとすると、ほとんど何やってんだかわかんないですよね(^^;) そのへんの体育館作る話じゃないわけですし・・・ 
ちょっとなんだかよくわからないニュースでした。

【スポンサーリンク】




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

<歯舞>  ん?そこまで読めたらいけそうな気が・・・ <北方領土奪還前に漢字必修>   [謎ニュース]

<歯舞>  ん?そこまで読めたらいけそうな気が・・・ <北方領土奪還前に漢字必修>  


島尻安伊子沖縄北方担当相が9日の記者会見で、北方領土の一つである「歯舞(はぼまい)群島」を読めず、 発言をストップさせる場面があった。島尻氏は北方領土返還に向けた啓発活動を担当している。

島尻氏は会見で、北方領土の元島民でつくる団体「千島歯舞諸島居住者連盟」に言及する際、手元の資料にあった 「歯舞」について「はぼ、何だっけ」と、読み進めなくなった。 このため、そばにいた秘書官が「はぼまい」と伝えた。 島尻氏は昨年11月、北海道根室市の納沙布岬を訪れ、対岸の歯舞群島を視察している。


昨日の高市大臣の件で、少し触れたニュースですが、ちょっと謎だったので書きます。何が謎かというと、「はぼ、何だっけ」と、読み進めなくなった・・・というくだりです。

「歯舞」が読めないとすると、歯と舞の間に何が入るかわからなくなるパターンだと思うのですが、でも島尻さん、「はぼ」まで出てるんですよね。ここまで来たらあとは「舞」という漢字しかないのですから、読めるような気がするんですが・・まさか舞が読めなかったとも思えないし。謎ですよねこれ。

択捉は読めるんでしょうか。むしろこっちのほうが読みにくい気がしますが。

漢字読み間違えというと麻生大臣のみぞうゆうが有名ですが(今みぞうゆうと打ったら未曾有という漢字が出てきちゃいました(^^;))まあ誰でも間違えて憶えてるってのはあると思いますよ。こういうのあまり笑わないようにしてます。自分も間違えて憶えてる可能性結構ありますからね。他人を笑っておいて、自分がやらかすってのが一番みっともないですからね。

まあしかし、正直答弁前に漢字チェックくらいしておいたほうがいいとは思いますけどね。

【スポンサーリンク】




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ドイツで網棚に3億円ストラディバリウス置き忘れ、発車1分前に発見   [謎ニュース]

ドイツで網棚に3億円ストラディバリウス置き忘れ、発車1分前に発見  

米国人バイオリニストがドイツ西部で、260万ユーロ(約3億0700万円)相当のバイオリンの名器「ストラディバリウスを列車の網棚に置き忘れるという出来事がありました。警察によるとこの20代の女性バイオリニストは、5日に列車でマンハイムからザールブリュッケンに移動。下車した後で忘れ物に気づき、警察に通報した。この楽器はストラディバリウスのうちでも1727年製の「ジェネラル・デュポン・グリュミオー」と呼ばれる特別なモデルでした。警察は列車が折り返し運転のため発車する1分前に、最後尾の車両でストラディバリウスを発見。無事、女性の元に戻った。楽器に損傷はなかったもようで、女性は「この上なくほっとした」と言っております
(^^;)

【スポンサードリンク】






 これ以上の高額置き忘れ記録は今後なさそうですね。ギネスに申請すれば認定されそう。しかし、3億の品物を網棚に載せるってどんだけおおらかな人なんでしょうか。
かつて著名チェリストのヨーヨーマさんが愛用のチェロをタクシーに置き忘れた事件がありました。あれはあれでチェロみたいなデカイものをそもそも置き忘れるってすごいなとは思いましたが、あの方は常習犯らしく、結構トランクに入れたままフラ~っと行ってしまうようですね。しかし今回のは超高額な上に、手元に置いておける大きさですし、普通ならビクビクしながら抱きかかえて持ち運びそうなもんですが・・・。ヨーヨーマさんにしても今度のこの方にしても、使い慣れてしまうとあまり高額だという感覚がなくなってしまうんでしょうかね。

 ちょっと調べてみたら、2008年にも米国のバイオリニストがやはりタクシーの中に忘れて来た事件がありました。さらに2012年に列車に置き忘れた人がいます。もしからしたら同一人物かもしれませんね。これほど高額な楽器を所有できる方だから、そもそもあまり高い物を持って移動しているという感覚がなく、緊張もしないのかもしれません。でもこれほど高額な楽器を所有できる方なのに、電車移動ってのも不思議な感じがします・・・。

ああ謎だ。

もし拾って届けたらドイツでも一割分のお金もらえるんでしょうかねえ・・。
三億七百万円の一割は3千七十万ですね。いや~拾いたい(笑)

【スポンサーリンク】






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
謎ニュース ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。