So-net無料ブログ作成
検索選択

<もう飽きた> 北朝鮮、米韓合同軍事演習に「総攻撃に突入する」と威嚇…国防委声明 <狼はなかなか来ない> [国際]

<もう飽きた> 北朝鮮、米韓合同軍事演習に「総攻撃に突入する」と威嚇…国防委声明 <狼はなかなか来ない>


北朝鮮は7日、韓国と米国が歴代最大規模の合同軍事演習「キー・リゾルブ」と野外機動訓練「フォールイーグル」を開始することに関して「総攻撃に突入する」を威嚇しました。

 朝鮮中央通信によると北朝鮮はこの日、国防委員会の声明を通して「我々の共和国の自主権と安全を乱暴に侵害し、生存空間を核惨禍の中に追い詰めようとする米国とその追従勢力の核戦争挑発狂気に、全面対応するための総攻撃に突入する」と伝えました。続けて「敵が押し切る合同軍事演習が共和国の自主権に対する最も露骨な核戦争挑発と見なされた以上、それに伴う我々の軍事的対応措置もより先制的でより攻撃的な核打撃戦になる。我々が断行する無差別的な核打撃戦は、侵略と戦争に血眼になった者に主体朝鮮の軍事的見せしめがどのようなものかを、身震いするよう見せることだ」と主張しました。

相変わらずですが、こういうのは繰り返してると、「結局あんたらやる気はないでしょ」と思われてしまうので、そうならないようにちょっかいのレベルを上げていかなければならないですよね。以前の「威嚇」ですでに人が犠牲になってますが、あれ以上の何かを仕掛けてきても不思議じゃないですよね。ただ、本気で戦争をやる気でそれを優位に進めたいなら、わざわざ米韓が最新の武器をたくさん集めて演習してるような時に仕掛けるなんてアホなことはしないでしょうし、「やるぞやるぞ」と連絡してくるのも変な話なんで、まあいつものパターンだろうとは思います。しかし、毎度声明の鼻息の荒さには笑ってしまいます。

「最後の攻撃命令を待っている」 「わが軍は口先だけでは終わらない」 「全面戦争も辞さない」

「われわれの近代的な攻撃手段が吐き出す敵撃滅の火の矢によって心理戦手段は灰燼と化する」

「情勢の破局をもたらした者は、無慈悲な報復を免れないであろう

「朴槿恵が共和国にむやみに挑戦し、戦争の狂気を振るうなら、無慈悲な懲罰によって骨も拾えなくなるであろう 」

「南朝鮮好戦狂らが絹のふろしきを百度かぶっても、その醜悪な体から漂う戦争の火薬のにおいを包むことはできない」

 
 北の威嚇コピーライターもそろそろネタがつきそうですね(^^;)

【スポンサーリンク】






nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

<米大統領選>  トランプ氏絶好調! 髪の毛もつやつやしてきた  <候補者指名争い> [国際]

<米大統領選>  トランプ氏絶好調! 髪の毛もつやつやしてきた  <候補者指名争い>


米大統領選に向けた共和党の候補者指名争いの第4戦となる西部ネバダ(Nevada)州の党員集会が23日に行われ、実業家で富豪のドナルド・トランプ(Donald Trump)氏が3戦連続となる勝利を挙げました。米CNNやFOXニュース(Fox News)によると、得票率はトランプ氏が42%でトップ。2位のマルコ・ルビオ(Marco Rubio)上院議員は25%、3位のテッド・クルーズ(Ted Cruz)上院議員が21%でした。残る2人の候補、元神経外科医ベン・カーソン(Ben Carson)氏とオハイオ(Ohio)州のジョン・ケーシック(John Kasich)知事はそれぞれ8%と4%。
トランプ氏の勝利はニューハンプシャー(New Hampshire)州、サウスカロライナ(South Carolina)州に続き3度目となります。

これはびっくりぽんですね(^^;) 先日のローマ法王との一件がそこそこネガティブインパクトになると思ってたんですが、全く影響なかったようです。あろうことか、ヒスパニック票まで集まっているようです。いわゆる「肉屋を支持する豚」状態。トランプ陣営は次は同じゴリゴリ超タカ派のテッド・クルーズを追い込んで、ごっそり宗教保守票の取り込みを考えているようです。そうなればほぼ勝利見えてくるんじゃないですか? 一方民主党のほうはと言えば、社会主義者のサンダース上院議員がクリントンさんに肉薄していて、逆転の可能性もあります。もしサンダースさんが指名を獲得するような事になれば、「極左対極右頂上決戦」みたいなトンデモな大統領選になってしまいます。どっちに転んでもアメリカ国民としてはかなり極端な選択になりますよコレ。

いくら世界におけるプレゼンスが下がってきているとはいえアメリカですから、国際的なインパクトも凄まじいものがあります。とくにトランプさんが大統領になったら・・・。彼は中国にもケンカ売ってますし(正論と感じる部分もあります)日本にも貿易や安全保障で強硬な姿勢を見せています。移民問題はご存知の通り。プーチンのことはお気に入りのようで、またプーチンも彼を評価しているらしく、米ロは今までより接近するかもしれません。結果中国との対立関係が今まで以上に強調されそうですね。今は船を行き来させているだけですが、彼が大統領になったら、極東の海が今まで以上にきな臭くなりそうです。ネタニヤフの熱狂的支持者ということで、中東問題も荒れる可能性があります。なぜか経済政策に関しては富裕層への課税強化や国際金融資本への規制強化、累進課税強化など、共和党保守派とも思えないような左っぽい主張をしており、共和党内で「これどうなの?」という話にならないでしょうか。とりあえず貧乏人票取り込みの為のリップサービスにすぎないと考えるべきでしょうね。アメリカの貧乏人の皆さん、騙されないように気をつけたほうがいいと思いますよ。まあ、選挙中にゴリゴリ強行派の人にかぎって、実際に責任のある立場になった途端にフニャフニャにしぼむというのはよくある話ですが、彼の場合は政治経験がないので、そのへんのさじ加減がわからず、突っ走ってしまいそうな恐怖感がありますね。まあ今はトンデモ発言を繰り返している髪の毛が不自然なアブナイオジサンですが、中の人はビジネスマンなわけですから、いざ大統領になったらきちんと「利害」を考えて理性的に判断できると思いたいですけどね。

【スポンサーリンク】





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

トランプ氏は「キリスト教徒にあらず」  ローマ法王ゴージャスすぎる「ネタにマジレス」 [国際]

トランプ氏は「キリスト教徒にあらず」  ローマ法王ゴージャスすぎる「ネタにマジレス」


フランシスコ・ローマ法王は18日、米大統領選の共和党候補指名を目指す不動産ドナルド・トランプ氏(69)が、不法移民流入防止のため米メキシコ国境への壁建設を唱えていることに関し、「キリスト教徒ではない」と厳しく批判しました。これに対し、トランプ氏は「宗教指導者が人の信仰に疑問を投げ掛けるのは、恥ずべきことだ」と猛反発。異例の応酬が、指名争いの行方に影響を与える可能性もあります。AFP通信などによると、法王はメキシコ訪問から戻る機中、記者団に「架け橋ではなく、壁を築こうとする者はキリスト教徒ではない」と指摘。有権者の投票行動には介入しないとしつつ、「もし彼(トランプ氏)がそのようなことを言ったのなら、キリスト教徒ではない」と強調しました。米メディアが発言を速報すると、集会に出席していたトランプ氏はすぐさま反論。自身が大統領に就任しなければ、バチカンが過激派組織「イスラム国」(IS)の攻撃を受けることもあり得るとした上で、「攻撃されたとき、法王はトランプ氏が大統領だったら良かったのにと思うだろう」と豪語しました。 

すごいですね~これ(^^;) 世界レベルの「ネタにマジレス」です。しかしこのマジレス、法王はやるべきではなかったような気がします。宗教指導者が一独立国の国民の投票行動に影響を与えるのはまずいですし、トランプ氏が応戦したことで法王が同じところまで引きずり降ろされてしまいました。同じ政治家ならいいですけど、法王は世界宗教のトップですから、こう言ってはなんですが、トランプさんのような「大金持ちのネトウヨ」と同じ場所に降りてきちゃだめですよ。トランプさんはかつてのロシアのジリノフスキーや、日本の田母神俊雄さん的な立ち位置で、言ってみれば飛び道具、ネタ要因、一部に熱狂的な支持者がいて、ある程度の影響力はあっても、本当にトップに立たれたらヤバイ人ですから、そもそも法王が食いつくべき相手ではないです。確かにジリジリとトランプ人気が上がっていることと、彼が宗教を背景に差別的な発言をしている事に苛立っての事でしょうけど、直接コメントはすべきじゃなかったですねえ。まあ結果として、トランプ氏を支持していた宗教保守は不支持に回る可能性は高いですが、法王の権威は「人間サイズ」になっちゃいました。

【スポンサーリンク】





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

北ミサイル、予告なく発射の可能性…菅官房長官 [国際]

ミサイル、予告なく発射の可能性…菅官房長官


 菅官房長官は29日午前の閣議後の記者会見で、北朝鮮の長距離弾道ミサイルの発射準備を巡る動向について、「金正恩(キムジョンウン)体制の行動を検証した場合、事前の予告なく弾道ミサイルの発射を含む何らかの挑発行動に出る可能性は否定できない」と述べました。その上で、「政府は盤石の態勢をとって、国民の生命を守る」と強調しました。また、中谷防衛相も記者会見で、「(北朝鮮は)近年、任意のタイミング、地点で複数の弾道ミサイルを発射しており、奇襲的攻撃能力を誇示しています。4回目の核実験は外務省声明などによる実施の示唆がなかった」と指摘し、米軍などと連携し、事前通告なしのミサイル発射を警戒する考えを示しました。これに関連し、岸田外相は同日午前、ケリー米国務長官と電話で約30分間会談。岸田氏は電話会談後、記者団に「北朝鮮がさらなる挑発行動を行う可能性も否定できない状況にある。その中で今後どのように連携していくのか、意見交換を行った」と述べました。

 もうすでに発射準備に入っているようですし、「飛翔体」がいつ飛んで、どのへんにいつ落ちるか という段階に入っているような気がしますね。まあもうこうなったら、きちんと太平洋上まで飛んでいってくれりゃいいんですが(もしくは日本海にボチャン)もう何が怖いって、日本列島上空で失速して落っこちてくることですよ。当然何も積んでないでしょうから爆発はしないでしょうけど、破片がどこかに落ちただけで被害出ますからね。事前通告があろうとなかろうと、落っこちてきたらアブナイわけです。これ落ちてきた部品迎撃できるんでしょうか。

 これ狙って外したりしたら、いざという時の迎撃能力がバレてしまいますよね。実際に飛んで来るミサイル落とすのはかなり難易度高いと言われてますし。この前の核実験とセットで「俺たちゃ核ミサイル持ったぜ~!」というアピールをしたいだけで、実際に攻撃能力があるかはかなり怪しい感じですが、まあ彼らにとっては本気でケンカをしたいわけでなく、「俺達強いんだぜデモンストレーション」することが大事なわけです。それはまあお好きにやられたらいいと思うんですが〈当然国際社会が一致してお仕置きしないとダメですけどね)とにかくハプニング的に降ってくるのだけはマジで勘弁です。

【スポンサーリンク】





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

北朝鮮「新たな」SLBM発射実験の映像 なんか水爆もかなりあやしくなってきた・・・ [国際]

北朝鮮「新たな」SLBM発射実験の映像 なんか水爆もかなりあやしくなってきた・・・

  北朝鮮は8日、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の発射実験を新たに行ったとする映像を公開しました。6日には初の水爆実験に成功したと発表していますが、どうも爆発の規模がちっちゃすぎたようで、どうも怪しいぞという雰囲気になってますし、いつものパターンのような感じです。映像は北朝鮮の朝鮮中央テレビ(KCTV)が8日夜に放送したもので、韓国メディアは映像について、昨年12月に北朝鮮が日本海(Sea of Japan)で実施した3回目のSLBM発射実験と、昨年行われた別の弾道ミサイル発射実験を編集したものとの見方を示しています。

【スポンサードリンク





 日付の入っていない映像には、冬物コートと中折れ帽姿の金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)第1書記が軍艦に乗り込み、ミサイルが水中から垂直に打ち上げられ、空中で点火するところを視察する様子が映っています。映像はそれから切り替わり、ミサイルが一定の高度に到達する能力があることを示すように雲の中を飛行するミサイルが映し出されます。北朝鮮は昨年5月に初めて、SLBM発射実験に成功したと発表し、水中から45度の角度で発射されたミサイルを指さす金第1書記の写真も公開していました。2回目のSLBM発射実験は11月に北朝鮮南東部の元山(Wonsan)の港で行われましたが、このときは失敗したとみられています。韓国の軍当局者によれば、北朝鮮はSLBMの開発を推進しており、もし本当に水爆+SLBMとなれば、核の脅威は新たなフェーズに入ったと言えますがどうなんでしょうか・・・。

 北が何か発表する時の映像は編集が恐ろしく雑で、アマチュア映像作家でももう少しわからないようにやるぞ、という凡ミスが結構あるので、 ちょっと映像にくわしい人が見ればすぐ怪しさはわかってしまうでしょう。今回の水爆にしても爆発の規模からどの程度の威力か簡単に推測できる時代にいくら盛っても無駄です。しかし威嚇手段がもうなくなって、嘘の規模をデカくするしかない状況というのは、逆に言えば怖いですよね。
 脅しが効かないとなれば、次はちょっかいを出すしかなくなります。韓国とはあわやという状況に何度もなっていますし(実際人が犠牲になってます)ちょっかいも小規模で無理なら、大きくせざるを得ません。問題は北の若頭がまともな人なのかどうかにかかってますよね。彼が今の体制を維持したい、楽しい首領生活を続けたい、モランボン楽団を楽しみたいというフツーの独裁者なら、わざわざ破滅の道を歩むようなバカなマネはしないと思います。しかし、もし変な野望を持つに至ったら・・・まだ若いですし判断を誤る可能性は十分あります。自分達の20代の頃を思い出してみてください。今考えればアホみたいな判断をたくさんしているでしょう。私達の場合諌めてくれるまともな大人がいましたから軌道を外れずになんとかなりましたが、彼の場合は誰かが諌めようとしたらその人の人生は終わりですから、どうにもなりません。彼がフツーの独裁者であることを祈るしかありません。

【スポンサーリンク】




 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。