So-net無料ブログ作成

<働かない働きアリ> 集団存続に必要 働きアリだけは滅びる <思わずニートが喜ぶ> [科学]

<働かない働きアリ> 集団存続に必要 働きアリだけは滅びる <思わずニートが喜ぶ>


コロニー(集団)の中に必ず2~3割いる働かない働きアリは、他のアリが疲れて動けなくなったときに代わりに仕事をし、集団の長期存続に不可欠だとの研究成果を、北海道大などの研究チームが16日、英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」に発表しました。これまでの研究で、働くアリだけのグループを作っても、必ず働かないアリが一定割合現れることが確認されています。仕事をする上では非効率な存在で、働かないアリがいることが謎でした。自然界では、働きアリが全て同時に働かなくなると、必要な卵の世話が滞ってそのコロニーが滅びてしまいます。チームは日本全国に生息するシワクシケアリを飼育し、1匹ずつ異なる色を付けて個体識別した上で
1カ月以上にわたって8コロニーの行動を観察。最初よく働いていたアリが休むようになると、働かなかったアリが動き始めることを確認しました。さらに、コンピューターシミュレーションで、1コロニー75匹の働きアリが全て同じようによく働き、疲れがたまるペースも一緒のケースと、働き度合いがばらばらのケースを比較。勤勉なアリだけのケースでは一斉に疲労で動けなくなってコロニーが滅びてしまうのが早く、働かないアリがいる方が長続きする傾向がありました。チームの長谷川英祐・北海道大准教授(進化生物学)は「働かないアリを常駐させる非効率的なシステムがコロニーの存続に欠かせない。人間の組織でも短期的な効率や成果を求めると悪影響が出ることがあり、組織を長期的な視点で運営することの重要性を示唆する結果ではないか」と話しています。

働かない俺もいざという時の為にスタンバイしてんだ! という、ニートには前向きすぎる研究結果のような気が一瞬しましたが、結局社会システムが回らなくなった時に、シャキッと働き出すことが前提ですので、そこんとこは間違えないようにしないといけないですねこれは。アリとかハチとか社会性昆虫のシステムってのはうまいことできてますねえホント びっくりポンです。昔読んだ蟻って小説思い出しました。


蟻―ウェルベル・コレクション〈1〉 (角川文庫)

蟻―ウェルベル・コレクション〈1〉 (角川文庫)

  • 作者: ベルナール ウェルベル
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2003/06
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

史上最大の恒星系を発見 「太陽」と惑星の距離1兆キロ! [科学]

史上最大の恒星系を発見 「太陽」と惑星の距離1兆キロ!


観測史上最も最も広範囲に広がる恒星系を発見したとする新たな研究結果が発表されました。この恒星系にある巨大惑星は、主星からの距離があまりにも遠いため、公転軌道を完全に1周するのに約90万年かかるといいます。1年が90万年・・・?(^^;)

【スポンサードリンク】





この巨大惑星は、恒星系という「家」を持たずに宇宙を浮遊している孤立した惑星だと長年考えられていましたが、この研究で科学者らは、約1兆キロ離れた距離にある恒星の周囲を公転していると結論付けました。巨大惑星と恒星は、宇宙空間を同方向に移動していること、どちらも太陽からの距離が約104光年であることなどの観測結果により、関連が示唆されました。論文主執筆者の英ハートフォードシャー大学(University of Hertfordshire)のニール・ディーコン(Niall Deacon)氏は声明で、「これは、これまでに発見された中で最も範囲の広い惑星系だ」と述べています。

 主星と惑星はどちらも、その存在を8年前から知られていましたが、「これまでは誰も、これらの天体の間に関連があるとは考えなかった」といいます。「この惑星は、当初考えられていたように完全に孤立しているのではなく、非常に長い距離を隔てた関係の中に存在しているのは確かだ」とディーコン氏は述べています。研究成果は26日、「英国王立天文学会月報(Monthly Notices of the Royal Astronomical Society)」に発表されました。

「2MASS J2126」と呼ばれるこの巨大惑星は、木星の約11.6~15倍の質量を持ち、主星からの距離が約7000天文単位(1天文単位=地球と太陽間の平均距離=約1億5000万キロ)で、知られている中で最も広範囲にわたる公転軌道を周回しています。この惑星が公転軌道を完全に1周するのに、約90万年。軌道があまりに広いため2MASS J2126は誕生以来、公転軌道を50回足らずしか巡っていないと思われます。

「このような奇異な世界には、生命が存在する見込みはほぼないが、もし住人がいて、自分たちの『太陽』を眺めたとしても、それはただの明るい星にしか見えないだろう。その星と自分の惑星との間に結びつきがあることなど、想像すらできないかもしれない」と声明は述べています。論文の共同執筆者、オーストラリア国立大学(Australian National University)のサイモン・マーフィー(Simon Murphy)氏は「これほど広範な惑星系がどのようにして形成され、存続しているのかという疑問は、未解決のままだ」と話しました。

なんだか壮大すぎてクラクラします。これだけ距離が離れているのに重力が働いてるっていうのもピンときません。長い歴史の中で、他の巨大な質量の何かが間にはさまってそっちに引っ張られることにならなかったというのも、すごい気がします。この惑星の大きさも木星の11.6倍~15倍っていうんですから、デカイなんてもんじゃないですよ。これだけ太陽から遠いので昼も夜もないでしょうけど、もし誰か住んでいて人類くらい脳みそが発達してたら、ものすごい孤独感だろうなあと思います。うちらの太陽系がなんだか愛しくなっちゃいますよね。色々なキャラの惑星があって(それぞれキャラ立ってますもんね)いい味出してますよ。かわいそうなので、冥王星もやっぱりちび惑星としてファミリーに戻してあげてほしくなりました。わが太陽系ファミリーで、地球はラッキーでしたね。

【スポンサーリンク】




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

太陽系に「第9番惑星」存在か!  米チーム発表 [科学]

太陽系に「第9番惑星」存在か!  米チーム発表


 米カリフォルニア工科大学(Caltech)の研究チームは20日、太陽系の最外縁部に存在する未知の巨大惑星を発見した可能性があると発表しました。チームが発表した声明によると、「プラネット・ナイン(Planet Nine)」の通称で呼ばれているこの天体は、地球の約10倍、冥王星の約5000倍の質量を持ち、「太陽系外縁部の異様な、非常に細長い軌道」を巡っている。「この新惑星が太陽の周りの公転軌道を完全に1周するのには1万~2万年かかる」と推定されるといいます。研究結果は、米天文学専門誌アストロノミカル・ジャーナル(Astronomical Journal)に掲載されました。同大学のマイク・ブラウン(Mike Brown)教授(惑星天文学)とコンスタンティン・バティギン(Konstantin Batygin)助教(惑星学)によるとこの天体は数理モデルとコンピューターシミュレーションを通じて発見されたもので、直接の観測にはまだ至っていないそうです。ブラウン教授は「これは、本物の太陽系第9番惑星とみられる」「太陽系のかなりの部分が未解明の状態。これは、非常に胸を躍らせることだ」と話しています。

 公転軌道一周1万年~2万年(一周1万年と2万年ではかなり軌道が違いそうに感じますけど)かかって、まだ観測されていない惑星が存在するという事がなんでわかるのかが全くわからないですが、すごいニュースですね。冥王星ちゃんの立場がまたビミョーなことになりそうです。冥王星で公転周期は約248年ということですから、1万年でも約40倍。かなり外側で、しかも細長いということなんで、今どっか飛んでちゃってるんですかね・・・だいたいこの辺というのは計算で出てるんでしょうか・・・。つうか、太陽系のかなりの部分が未解明なんですね。宇宙の大規模構造なんてのが3Dの地図までできてわかってるのに、ご近所さんのことはあまりわかってないというのも面白い話です。まあ宇宙自体のほとんどが未知なんですもんね。ここまでいろいろな技術が発達した現代でも宇宙の中で物質が占めているのは4%でそれ以外の部分に何が詰まってるのかわかってないんですもんねえ。
朝から壮大な話でした。

【スポンサーリンク】





nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

虫歯を削る必要はないと判明、虫歯治療の根本概念が変わる可能性  ん?ちょっとまって・・・ [科学]

虫歯を削る必要はないと判明、虫歯治療の根本概念が変わる可能性  ん?ちょっとまって・・・


一般的な虫歯の治療法と言えば、「虫歯を削って詰め物をする」というものですが、(もうこれでさんざん苦しんでいます)最新の研究で「虫歯を削る必要なし」「詰め物も不要」という実験結果が現れて、虫歯治療が根本的に変わる可能性が指摘されています。

シドニー大学のウェンデル・エバンス准教授らの研究チームは、22の歯科医療機関と連携してのべ1000人の患者を調査する7年間にもわたる実験の結果から、「ほとんどの虫歯治療にはドリルで削ったり、詰め物したりする必要はない」との結論を出しました。実験では、虫歯患者を従来通りのドリルで削って詰め物をするグループと、ドリルで削らずに高濃度のフッ素塗布をした上で、砂糖の入ったお菓子や飲み物の間食を制限する「オーラルケア」と呼ばれる治療法を採るグループとに分けて、虫歯の経過を観察しました。

その結果、ドリルで削らなかったオーラルケア・グループの虫歯は30%から50%が減少し、中でも1年間に2本の虫歯治療が必要とされる虫歯リスクの高い層に限って言えば、虫歯の減少率は80%も高かったことが分かりました。この結果を受けて、エバンス准教授は、「ほとんどの虫歯のケースでドリルで削って詰め物をする必要はない」と述べています。

ん?「高濃度のフッ素塗布をした上で、砂糖の入ったお菓子や飲み物の間食を制限する」?・・フッ素塗るのは今時フツーじゃないですか? しかもお菓子制限て・・・ そりゃ砂糖の入ったお菓子食わなきゃ虫歯悪化しないでしょ。それってオーラルケアではなく、単に砂糖が口に入るの防止してるだけのような気がしますが(^^;)

何年か前に薬を塗るだけで虫歯が治療できるという3Mix-MP法という治療法をテレビでやってて、こりゃすごいと思ったんですが、あまり一般化していないようです。歯医者さんとしても、虫歯作ってもらわないと仕事になりませんからね。この治療法(というか生活改善法)も歯医者さんにとっては「余計な事発表するな」という感じかもしれませんね。歯ではさんざん苦しんでるので、早く完璧な治療法を確立してほしいんですが、やはり業界を守るためには絶対にできないでしょうね。・・・まあ体型維持も虫歯予防も、欲望をいかに抑えこむかにかかっているというお話でした。

【スポンサーリンク】







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

がん増殖遺伝子発見  国立がんセンター [科学]

がん増殖遺伝子発見  国立がんセンター

さまざまな種類のがんの増殖に関わる遺伝子を見つけたとの研究成果を、国立がん研究センター研究所のチームが12日付の科学誌に発表しました。低酸素や栄養不足などのストレスにさらされるがん細胞を保護する働きをしており、この遺伝子の働きを阻害する物質を開発できれば、幅広くがん細胞の増殖を抑える新たな抗がん剤につながる可能性があるといいます。

【スポンサードリンク】





 チームは「IER5」という遺伝子が作るたんぱく質に着目。がん化との関連は知られていませんでしたが、分析の結果、大腸がん、胃がん、腎臓がん、卵巣がんなどさまざまな種類のがん組織で、正常組織より量が増えていました。人のがん細胞を使った実験などから、このたんぱく質が「HSF1」という別のたんぱく質の働きを活性化し、がん細胞をストレスから回復させる「HSP」というたんぱく質が新たに作られることが判明。がん細胞でIER5の働きを抑えたところ、増殖が抑えられたのです。

また、ぼうこうがんや脳腫瘍などでは、IER5が活発に働いている患者は、あまり働いていない患者より死亡率が高く、がんの進行や転移などに関与している可能性も示されました。同研究所希少がん研究分野の大木理恵子主任研究員は「正常な細胞でのIER5の働きはまだ分かっていないが、IER5の働きを阻害する物質が見つかれば、さまざまながんを抑制する治療薬の開発につながる可能性がある」と話しています。

これ何気にすごい話題じゃないですか?NASAがSMAP復旧を断念というニュース〈笑)が駆け巡ってるので影に隠れてますけど。がん細胞は増えさえしなければなんてことないわけで、これって遺伝子レベルでガン増殖を抑え込める可能性があるという事ですよね。抗がん剤の延命効果は徐々に伸びているようですが、副作用の問題もありますし、結局は延命でしかないという部分もあります。増殖そのものを抑えてしまえるという事は、ようするにこれからテロを起こそうと思ってるテロリストを基地の中に閉じ込めてしまうような話ですよね。これはすごいんじゃないかなあ。まだ薬になった時の副作用とか、正常細胞に与える影響がどの程度かなど、実際に薬になるまでは結構時間が必要でしょうが、期待は膨らみますね。私が歳をとる頃には人類はガンに勝ってるかもしれないですね。そう願わずにはいられません。

【スポンサーリンク】




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

がん、息で手軽に診断 高精度センサー実用化へ [科学]

がん、息で手軽に診断…高精度センサー実用化へ

 人の息だけでがんや糖尿病などにかかっている疑いを診断できる高精度センサーが産官学合同で開発され、2022年にも実用化される見通しとなりました。将来的には、センサーをスマートフォンなどに組み込み、個人でも手軽にチェックできるようになる可能性もあるんだそうです。早期発見で、膨らむ医療費の抑制にもつながると期待されています。
 国立研究開発法人の物質・材料研究機構(NIMS、茨城県つくば市)が中心となって、呼気のにおいを分析し、含有物質を高精度で判別できる小型センサーを開発した。京セラ、NEC、住友精化、大阪大、スイスの精密機器メーカーと合同で実用化を進めています。数ミリ四方の小さいチップであるセンサーに搭載された「膜」が呼気の特徴を検知し、がん患者の呼気に含まれる特有の物質の有無などをチェックしてがんの疑いがあるか判定する仕組み。センサーを搭載したり接続したりしたスマホやパソコンなどにグラフや数値で結果が示されます。

 なんかスタートレックで全身をスキャニングして病気の場所見つけるとか、そんなのあったような気がするんですが、そんな感じですよね。でもあれは寝てフラットベッドスキャナみたいにやってたと思うんだけど、こっちはスマホに息ふきかけたら、ガンや糖尿病がわかっちゃうんですって。未来すぎてついていけません。しかしこれはどの程度の早期で発見するんでしょうか・・。というのも、がん細胞は結構年中できてるらしいですよね。がん細胞自体は生きてたらできるのが普通で、異常増殖に進んでしまうかどうかが問題だと聞いたことがあるんですが、このセンサーが感知するのはどのくらいの大きさになってからなのか・・。どの場所のガンでも呼気に同じような異常がでるんですかね。例えば舌がんの人と、前立腺がんの人では同じような異常が出るんでしょうか・・。まあ早めに見つかるのは良い事だとは思うんですが、スマホの声で気軽に「あんたガンですよ~」なんて言われるのもなんだかなあ・・・(^^;) そのうちガン早期発見アプリとかができて、通知をいろんなパターンでしてくれたりしてね、女医さんの声で「あなた、早く病院来ないと、大変よ・・・」なんて言われたりしたら、嬉しいような虚しいような。しかしまあ、なんでもスマホで出来てしまう時代ですねえ。

【スポンサーリンク】




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

頭に思い浮かべた言葉の解読に成功! 障害者との意思疎通やロボット操作にも応用期待 [科学]

頭に思い浮かべた言葉の解読に成功! 障害者との意思疎通やロボット操作にも応用期待


頭で思い浮かべた言葉の一部を脳波の変化から解読することに、九州工業大情報工学部(福岡県飯塚市)の山崎敏正教授(58)の研究グループが成功しました。グー、チョキ、パーなど選択肢を絞った条件下で、それぞれの言葉が発声時と無発声時でほぼ同じ波形を示すと突き止めたということです。五十音の一部でも識別に成功しており、今後全ての音の波形を分析できれば、単語や文章の解読も可能になるとのことです。

【スポンサードリンク】





 なんかすごいですね。科学はここまで来てるんですね。でもちょっと考えると怖いです。何考えてるかわかっちゃうわけですよね、これ。真面目な顔してる私の頭の中があんな事やこんな事で渦巻いてたりするのがバレちゃいます〈笑)考えてる事が伝わってしまう病気を描いたサトラレというマンガがありましたが、この技術が進化すると、普通の人がみなサトラレ状態にされてしまうということですよね。怖すぎる・・・。犯罪者の自白の際のツールとしては有効かもしれませんが、若干人権問題になるような気もします。我々には「内心の自由」ってのがありますからね。まあどんな技術も考え一つで良くも悪くも使えるわけですから、こういう技術は発展していく段階で倫理的なハードルをきちんと作っていくべきだと思いますね。しかしクローン技術でもそうでしたが、結局人類全体の足並みが揃うということはなかなかなくて、どこかの科学者が約束事を破ったりしますから、なかなか難しいんですけどね。

 良い方向で使えればものすごい技術ですよね。言葉のうまく使えない身障者の方とのコミュニケーションには確かにもってこいですね。さらに、こうやって一生懸命キーボード叩いてブログ書いてますけど、頭に思い浮かべた言葉をそのまま変換してちゃちゃっと文章にしてくれたら、ものすごく楽ちんです。音声認識技術はありますが、声に出すとうるさいですから場所が限られますし。これがさらに発展して、思い浮かべた映像をそのままモニターに表示できたりしたら最高ですね。例えば夢の中に出てきた幻想的な風景を、起きた後に思い浮かべて映像化したものを表示できたりしたらかなり面白いですよね。見たこともない怪物とかたまに夢で見ますしね。ああいうのを3D映像化できたら楽しいんですが、3Dソフトを扱う技術がないですからね。そんな私のような人間でも、思い浮かべたものが3D化されてディスプレイに表示されたりしたら、楽しいでしょうねえ。

 この手の技術はエンタメの世界で発展します。あまり怖がらず、わくわくして待ちましょう。

【スポンサーリンク】





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

新種のサメ 「ニンジャ」と命名される [科学]

新種のサメ 「ニンジャ」と命名される

2010年の観測調査で発見されたサメが新種だったことがこのほど明らかになりました。
全身真っ黒な姿が忍者を思わせることから「ニンジャカラスザメ」と命名。
「ニンジャ」の名は8歳~14歳の4人の子どもの発案だったそうです。
学名は、小説「ジョーズ」の原作者ピーター・ベンチリーにちなんで
「Etmopterus benchleyi」と命名されました。

このサメについては、太平洋サメ研究センター(米カリフォルニア州)の研究チームが調査を依頼され詳しく調べていました。太平洋東部の中米近海でのカラスザメ発見も初めてだそうです。海の生き物の和名って面白いの多いですよね。ニンジャカラスザメなんてかなりかっこいい部類で、なんでこんな名前つけたの? というのが結構あります。

【スポンサーリンク】





深海魚の有名どころではリュウグウノツカイ はいなんですか?と返事をしたくなるオジサン 
よほどの慌て者なのかウッカリカサゴ  ウロコがないエイの仲間のスベスベカスベ 
タツノオトシゴの親類でタツノイトコ さらに親類タツノハトコ  確かトリビアの泉で紹介したような気がするスベスベマンジュウガニ  全然焼き芋には見えないイモガイの仲間で、ちなみに猛毒持ちのヤキイモ  既婚のメスもオスもすべてセニョリータ  子供の頃海岸で拾ったタコノマクラ  思わず食べたくなるスカシカシパン  もう名前だけではなんだかわからない ブンブクチャガマ などなど・・・

明らかに和名つけるのを楽しんでますね〈笑)

【スポンサーリンク】





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

地球に天体が衝突するリスクは 思ったより高い!  で、どのくらい? [科学]

天文学者チームは22日、地球に天体が衝突するリスクは、広く考えられているより高い可能性があるとの研究結果を発表しました。チームは、遠方の巨大彗星に対する監視の強化を提唱しています。

なんか物騒な感じがします。。。明日にでもキュルキュルいいながら、巨大彗星が飛んできて、宇宙人でも攻めてきそうな勢いですが、果たしてどうなんでしょうか。〈いや宇宙人は攻めてこないでしょうけど)

 英バッキンガム大学(University of Buckingham)などの研究チームによると、地球に衝突する可能性のある天体の監視は、小惑星帯に重点を置いているようです。小惑星帯は、だいたい火星の軌道から木星軌道までの範囲に分布しています。ところが、これよりはるかに大きな軌道を持つ「ケンタウルス族」と呼ばれる巨大彗星が過去20年間で数百個発見されたことで、潜在的に地球に衝突する危険性のある天体のリストを拡大する必要があると、研究チームは指摘しました。通常は直径が50~100キロの氷とちりの塊である巨大彗星は、太陽から最も遠い惑星の海王星をはるかに遠いところを始点とする不安定な楕円軌道を持っています。彗星の軌道は、木星、土星、天王星、海王星などの巨大惑星の軌道を横切るため、惑星の重力場によって彗星の進路が地球の方向に曲げられる場合があります。これは、約4万年~10万年に1回の頻度で発生するそうです。巨大彗星は、太陽に近づくにつれて徐々に崩壊していきます。この時の特徴的な尾を発生させる現象によって「地球への衝突は避けられなくなる」ということです。(? なんだかちょっとピンときません・・・アホですいません)研究チームは、英王立天文学会の学術誌「アストロノミー&ジオフィジックス(Astronomy and Geophysics)」に掲載された研究論文に「これほどの巨大彗星が崩壊すると、最大で10万年間に及ぶ長期間にわたって破片が断続的に地球に降り注ぐと思われる」と記しています。

宇宙の話は色々でかくてピンとこないんですが、4万年に1回っていうと、地質学的な時間感覚で言えば結構な頻度という事になるんでしょうか。一番最近の大量絶滅が6500万年くらい前で、こいつがでっかい隕石の衝突が原因と言われてますけど、それ以降生物が絶滅するような巨大な隕石の衝突はないんで、いつ来ても不思議はないんでしょう。明日かもしれないし4万年後かもしれないんで、まああまり気にしても仕方がない気がしますので
とりあえず今日は寝ます。

【スポンサーリンク】





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。