So-net無料ブログ作成

NHK「受信料長州力」のサイト開設中止「意図伝えるの難しい」 いえ、思い切り伝わってましたよ [社会]

NHK「受信料長州力」のサイト開設中止「意図伝えるの難しい」 いえ、思い切り伝わってましたよ


NHKは4日、プロレスラーの長州力(64)が受信料制度の案内役を務めるサイトの開設を中止すると発表しました。ツイッターでは「長州力さんが案内役となって、若い方々に受信料制度への理解を深めて頂くためにサイトの開設を予定していました。しかし、視聴者の皆さまから様々なご意見を頂き、私どもの意図を正しくお伝えすることが難しいと考え、開設を中止しました。ご理解を頂けますよう、お願い申し上げます」とし、NHKの公式サイトでも同趣旨の「お知らせ」が掲載されました。NHKは公式サイトに「受信料長州力」というコーナーを設け、長州の写真を使用し「2016.03.14 長州力がパワーホール全開でNHKのド真ん中に立つぞ!」などと記載していました。広報局のツイッターには長州の口調をまねる形で、「NHKの受信契約はお済みですか?なに?まだだって?お前の新生活、いいスタート、キレてないですよ!?はやく“受信料長州力”で、アレしなきゃダメだ!コラ」と書かれていたが、削除されています。ネット上では「受信料を強制徴収するのか」などの怒りの声が上がっていました。

まあNHKらしいっちゃらしいですよね。これもね、オリンピック会場の話と同じで、当然会議を開いて決めてるわけでしょうからね、その時に「この長州さんの名前を徴収とひっかけて捉える人がいるんじゃないですかね・・・」という意見が一つもでなかったのかと思ってしまいますよね(あくまで引っ掛けてないというのが本当だとしてね)ネットではちょっとした揚げ足取りから大炎上なんてのは日常茶飯事で、そういう一般人の反応に対するリスクヘッジってのはもう必須でしょう。頭のいい人が揃ってるんでしょうに・・・。こういうアホアホ会議をやってる局員様の高額サラリーのために受信料払ってるんじゃないんで。もうね、お気に入りの番組作ってるスタッフとか、いいドラマ作ってるスタッフさんや役者さんに封筒に入れて直接受信料お届けしたい気分になってしまいます。

【スポンサーリンク】






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

<NHK受信料>  長州で強制徴収? 批判殺到も涼しい顔の広報担当 <力ずくで奪い取る>  [社会]

<NHK受信料>  長州で強制徴収? 批判殺到も涼しい顔の広報担当 <力ずくで奪い取る> 


NHKが公式ホームページとツイッターでトンデモ告知をしているとネットで大騒ぎになっています。プロレスラーの長州力さん(64)を起用し「受信料長州力(ジュシンリョウチョウシュウリキ)」という大きな文字を掲載したからです。

【スポンサードリンク】




ネットでは、「長州」は「徴収」に見立てたものであり、長州さんが一人の男性を力でねじ伏せる写真も掲載していることから、「受信料を力ずくでも徴収してやる!」という宣戦布告だとし、NHKに対し「これはさすがにキレるだろう」「ヤクザのみかじめ料かなんかかよ」などと批判が出る事になりました。NHKは、公式ツイッター「NHK広報局」で2016年2月29日、「NHKの受信契約はお済みですか?なに? まだだって?お前の新生活、いいスタート、キレてないですよ!? はやく『受信料長州力』で、アレしなきゃダメだ! コラ!」などと書き、プロモーションサイトができたことを告知しました。そのサイトはNHK公式ホームページの中にあり、16年3月14日に長州さんを起用した新サイトが誕生することを伝えていました。そして、「受信料長州力(ジュシンリョウチョウシュウリキ)」という大きな文字と、「長州力がパワーホール全開でNHKのド真ん中に立つぞ!」という説明と共に、テレビをイメージしていると思われる額縁を持って殴りかかろうとしている写真や、一人の男性を力比べでねじ伏せているような写真も掲載。ネットの一部では、これは「受信料を力ずくでも徴収してやる!」という宣戦布告であり、我々が支払った受信料を使ったふざけた広告だと怒りが爆発し、「『徴収』って言葉自体イラッと来るんだが。強制的に払わせるつもりなら、こんな広告に無駄な金使うんじゃねえダボが。こういうことだから払いたくなくなるんじゃヴォケ」「キレている人続出、小力が必要」「払ってくださいじゃなく、払わんとぶっ飛ばす、みたいな印象しか受けないなぁ。本心はそうなのかもしれないけどさ」「ここまで挑発されたらもう戦争ですわ」
などといった書き込みがツイッターや掲示板に出ました。

これに対しNHK広報は

「そもそも私どもは受信料を『お支払い頂いている』という言い方をしています。税金ではないんですから『徴収』などという言葉は使いません」と「長州」と「徴収」をひっかけている説を全面否定。新サイトについては、「ひとり暮らしを始める学生や新社会人に向けて、受信料制度についてご理解いただき、受信契約の手続きをしてもらうための特設サイトです。開設期間は、2月29日から5月31日までです。また今月14日からは、パソコンやスマートフォンで遊べる『受信料長州力』という動画ゲームを、ウェブサイト上に提供します。このゲームは、プロレスラー・長州力さんが案内役となって、公共放送の役割や受信料制度などについて説明しています」

と、まあいかにもNHK的、官僚答弁的そつのない返答です。

いや・・これ明らかに徴収と長州かかってますでしょ(^^;)ついでに消臭力もかかってるような気がします。NHK的ギャグセンスですよ。これは。うまいこと言ったったくらいの感じでしょう。NHKなのでどの程度の反響を予想していたかまではわかりませんが、今どきのテレビ離れの進んだ若者をプロレスラーに恫喝してもらって、受信料払わせようという意図ミエミエです。

本当にふざけた連中だと思います。昨年も受信料義務化の提言書などが出されたり、PCを持っているだけで受信料を取ろう・・みたいな話まで出ていますしね。視聴料を払ってでも見たいと思えるいい番組はあるので、そういうものは個別に課金する形にし、あとはケーブルテレビのパック料金のように、例えばニュース+天気予報+朝ドラ+朝イチ パック とか、それにEテレの0655 2355をオプションセットみたいな感じで見る番組を選べるようにして有料化すりゃいいでしょ。見たくもない番組の製作費&局員のバカ高いサラリーのために義務的にお金むしり取られるなんて、それこそブチ切れますよ。本当にいい加減にしてほしいですね。

【スポンサーリンク】






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

<完全同意しすぎてハゲそう> 松本人志 高嶋のゲーム破壊に意見  <破壊は教育じゃない> [社会]

松本人志 高嶋のゲーム破壊に意見


 ダウンタウンの松本人志さんが21日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、 バイオリニストの高嶋ちさ子氏が東京新聞に掲載した子育てコラムで遊ぶ時間を守らなかったとして子ども2人のゲーム機を真っ二つに折った写真を掲載したことを受けて 「ゲーム機を一生懸命つくっている人からしたら、バキバキ写真はいい気はしない」と意見を述べました。

 松本さんは、「僕が自分の子どもがバイオリンをひいていてバキバキにしたら、高嶋さんは何て言うんでしょうね」と仮定。 「絶対、この人、バイオリンバキバキにした写真を載せたら怒ってるよ」と予想。叱る、叱らないは別にして、破壊したゲーム機を公開したことを疑問視しました。

 さらに、高嶋さんがもともとゲーム機を子どもに与えない方針だったことを伝えられると、 ゲームファンの松本は「ゲームを完全に否定する人間嫌いやねん。感動することもあるしよう!」と反論。 高嶋さんへ向けて松本さんは「最初から終わりまでクリアしたことがあります、っていうのなら申し訳ありませんでしたって言うかもしれない。 (ゲームを)えらい下に見てるなっていうのが僕はある」とゲームをやってみるべきだと主張しました。

 これ見てましたが、これに関しては全面的に賛成ですね。家庭内ルールがあってそれを破ったことにペナルティがあるのは普通の事ですが、やり方が荒過ぎです。バイオリンを弾く方がこんな荒くれ者、しかも女性という事に驚いてしまいますね。元々激情型なんでしょうけど、何か他にも日記と宿題を破いた過去があるようで、何かというと破壊するタイプの方のようです(^^;)

 イチローのバットやグローブの扱いの細やかさが賞賛され、モッタイナイという概念が世界中に広まっています。日本人の物に対する繊細さは、世界の人達にとって模範となるすばらしい気質です。先日伊藤かずえさんが24歳の時から23年間乗り続けているシーマの話が報道されましたが、ここまで大事に使ってもらったら、作った人たちは本当に喜ぶだろうなあと思いました。日本人は元々物を大事にする心を持っているんですよね。昔の箪笥などは表面を削って再生し、何代にも渡って使われましたし、布団でも靴でも、直せるものはなんでも直していました。大量生産大量消費時代がそういう元々持っていた再生の文化を流し去ってしまいました。もう今は何でも安く買えてしまうので、わざわざ修理する必要もないですしね。それでも、やはりどこかに物を愛でる気質は残っているので、「自分で破壊した物を晒す」神経は全くわかりません。ぶっ壊されたゲーム機のうめき声が聞こえてきそうですよ。
 
 高嶋さんはバイオリニストですから、音楽という「過去に作られた物」を大事に再生して蘇らせるのが仕事でしょう。特にバイオリンは古い楽器を鳴らし続け、とことん愛でて整備し続けることで、その価値が上がっていくものです。ゲーム機をバキバキにするという野蛮な行為は、そういう価値観の中で生きているとはとても思えない行為ですよね。彼女の演奏にも、そういう彼女の荒れた精神がにじみ出ているんじゃないかなあと思います。

【スポンサーリンク】





nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

<清原和博容疑者逮捕> 身元引受人がおらず、保釈請求できず <堕ちたヒーロー> [社会]

<清原和博容疑者逮捕> 身元引受人がおらず、保釈請求できず <堕ちたヒーロー>


覚せい剤所持容疑で逮捕された元プロ野球選手清原和博容疑者(48)の保釈請求ができないことが20日、分かりました。勾留期限の23日に起訴された後早ければ26日にも保釈されるとみられていたが、関係者は「環境が整っていない」と明かしました。 薬物依存からの更生には周囲のサポートが必要不可欠ですが、身元引受人がいないのです。

【スポンサードリンク】





日本のように薬物犯罪を普通の犯罪として扱う国では、初犯、再犯くらいでは簡単に外に出してしまう為、再犯防止や社会復帰には周囲の支えが必要になります。桑田真澄氏(47)ら、薬物疑惑や良くない噂を聞くたびに忠告する知人がいたにもかかわらず、清原容疑者は周囲と絶縁してまで薬物に走りました。 これが自業自得なのは明白ですが、更生のためには今後周囲の誰かの支えは欠かせません。特に常に行動を見守る監督者となる身元引受人が重要となります。

同様の薬物事件では、歌手のASKA(57)は、夫人が薬物依存者の専用病棟を持つ病院に入院させました。 女優酒井法子(45)は、知人の建設会社会長が全面的にサポート。酒井は長男のためになんとか努力し、一応芸能界に復帰を果たしました。この二人はかなり強いサポートがありましたが、それでも社会復帰まで含めた現状はといえば、若干雲行きがあやしくなっていますよね。

薬物事件で3度の逮捕歴がある田代まさし氏(59)は「周囲が排除せずに応援してあげられるかどうかが最も重要。 クスリを“使えない環境”にしていかないとダメ」と自身の反省も踏まえて強調しています。田代さんに関しては、初めにやって出てきた時、旧い仕事仲間はコメントだけ出している印象で、さらに面白がって中途半端に近づいてくる連中がいました。ああいう連中を排除しないとまたやるだろうなあ・・と思いましたが、案の定再犯を繰り返してしまいました。最終的に彼はダルク(Drug Addiction Rehabilitation Centerの略で、NPO法人の薬物依存者の薬物依存症からの回復と社会復帰支援を目的とした回復支援施設)に入ることでなんとか薬物への渇望を抑えようと必死になっています。国が医療施設を整備して、初犯の段階から薬物と縁を切り、社会復帰するまでのサポートができない現状では、この手のNPOに早めに入所するのがベストでしょう。

清原容疑者は離婚しており、母は認知症の施設にいて、父も病気を抱え、弟とは絶縁状態。家族で身元引受人になれる人がいません。 さらに、陰ながら個人事務所のサポートをしてきた実業家の男性も「信頼を裏切られた」として手を差しのべる状況ではないといいます。 正直薬物で正気を失った清原氏は突然何をするかわからない猛獣のような存在ですし、自分から人間関係を断ち切って薬物にのめり込んで行った彼をサポートしてくれる人はなかなか現れないでしょう。薬物は「意志の力」でなんとかなるというものではないので(その意志を生み出す脳を薬物が支配してしまうのですから、当然です)強制的に体から薬を抜く施設に直行させないかぎり、もう再犯は目に見えています。

ダルビッシュ有投手(29)が「日本もセカンドチャンスが持てる社会に」と語りましたが、
清原容疑者の更生につながる道は全く見えていないというのが現状のようです。

【スポンサーリンク】




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

立ち食いの「いきなり!ステーキ」 が成功しているらしい [社会]

立ち食いの「いきなり!ステーキ」 が成功しているらしい


回転率の高さを維持できるかどうかが、「いきなり!ステーキ」成功の肝だそうです。2013年末に登場した「いきなり! ステーキ」が定番化しているのだそうです。私の生活環境にはなかったので、全然知りませんでした。 

注文カウンターへ向かうと、炭火が入ったグリルの隣に、大きな塊肉が並ぶ様子が見えます。メニューはリブロースステーキが1グラム6円、「本格熟成国産牛サーロインステーキ」が1グラム10円など量り売り。これを「立ち食い」で提供します。顧客の滞在時間は、ランチタイムで20分程度、ディナーでも30分程度でしかない――定番化した「いきなり! ステーキ」のシステムです。

 いままで「立ち食い」と言えば、駅のそば、そして大阪の串カツなど安価な店が多かった。ではなぜ、このようなシステムを考えたのか?  ペッパーフードサービスの一瀬邦夫社長が話します。

 「ステーキは今まで『高級品』のイメージがあったと思います。私自身、そう思っていました(笑)。
しかし世の中に『ステーキを日常的に食べたい』というニーズが生まれた、と読んだのです」

いや~個人的には世も末感しか感じません。一生を会社の歯車として送ることを義務付けられている上に働かない時間、自分にエネルギーを補充する時間まで「ロス」として無駄を省くような立ち食いステーキ・・・開店時に立って外に並び、立ったままステーキを食い、そそくさと退場。なんだか寂しい気分になります。(だいたい、さっさと終わらす作業の為にぞろぞろと並んで待ってるってのも妙な光景ですよね) 急いでいる時にしかたなくコンビニおにぎりやサンドイッチ、駅で立ち食いそばを流し込む・・というのは普通だと思うんですが、日常的に立ち食いでステーキってのはなんだかピンと来ません。

 高度経済成長期を経て、幻想の極致であるバブルを経験し、その後長い長いどん底の時代に私達は「経済」とか「成長」だけで人生を満たしている事の虚しさを実感したはずです。ワーク・ライフ・バランスなどというヨコモジを信奉する気はありませんが、仕事以外の部分もできる範囲で充実させていかないと何のための人生だかわからない、という「モードチェンジ」を日本人はしたんだと思ってたんですが、やはり日本人気質なんでしょうかねえ。寿司が元々は屋台でささっと食べられるファストフードだった歴史を考えると、食というのは大半の日本人にとっては、ちゃっちゃと済ませる「補給作業」に過ぎないんでしょうか。飯くらいゆったり食いましょうよ・・・みんな頑張ってんだからさあ。

【スポンサーリンク】




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

<失神ゲーム>  いじめと断定しすぎると本質が見えない可能性もある <わりとポピュラーだった> [社会]

<失神ゲーム>  いじめと断定しすぎると本質が見えない可能性もある  <わりとポピュラーだった>


いまだにツイッターでトレンドに入り続けている「失神ゲーム」ですが、思った以上に普及している「ゲーム」なんですね。アメリカでも事故が起こっているので、人種や世代を超えてわりと普通に行われているようです。ウィキを見たらなんか結構重大な事故につながっているようで、自分が当時経験したそれとはかなり違う感じです。私にせがんできた彼はおそらくリアルに失神していたわけではなく、そういう演技だったと思います。しかし今考えると恐ろしくなってしまいました。一歩間違えていれば、私は殺人事件の加害者になり、いじめと認定されていてもおかしくありません。頼まれて軽率にやるような事ではなかったですね。しかし所詮は中学生ですからそんな判断はできませんからね・・・。

今回の件も、ツイッターなどでは、やった側を強く非難する意見もあるようですが、もちろん遊びとしても問題があり、その点は非難すべきではありますが、遊びの延長であった可能性もゼロではない、という事も考えておかなければちょっと見誤る可能性もあると思います。この件に関しては、やられた側は自分が「被害者」という認識を持って、最終的に警察に届けているので、本人が望んでいない形でやられた可能性は高いと思いますが。最近はいじめの末の殺人という悲惨な事件が後を絶たない為、この手のニュースはなんとなくそれに引っ張られて「いじめがあったに違いない」と考えがちですが、この時期の子供は純粋ないじめと遊びが紙一重で非常に判断が難しいので、大人の感覚ですべてを断定的に見てしまう事は避けたほうがいいとは思いますね。

【スポンサーリンク】





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

同級生に「失神ゲーム」  暴行容疑で中学生2人逮捕 新潟県警 [社会]

同級生に「失神ゲーム」=暴行で中学生2人逮捕―新潟県警

体を強く圧迫して気を失わせる「失神ゲーム」と称して同級生に暴行を加えたとして、新潟県警新潟北署は14日、暴行容疑で新潟市に住むいずれも14歳で中学2年の男子生徒2人を逮捕しました。2人は容疑を認め、「ぶつかって失神させた」などと話しているようです。逮捕容疑は3日、新潟市内の市立中学校の男子トイレで、「失神ゲーム」と称して、同級生の男子生徒(14)の背中に体当たりする暴行をし、失神させた疑い。被害者の保護者と学校から、同署に連絡があり発覚しました。同署は日常的に暴行が行われていなかったか調べるとのことです。

失神ゲーム。懐かしいと思ってしまうのはマズイかな(^^;)これ中学時代に流行ってましたね・・・ずいぶん昔の話ですが。私の時は1人失神ゲーム好きの男がいて、「やってやって」とせがむのでやってあげた記憶があります(真面目にいじめじゃないですよ)たしか、胸をドンとついたような気がするんですが、詳しいやり方は忘れてしまいました。そいつは目をつぶって後ろのドアにぶつかって崩れ落ちるんですが、何が楽しいのかよくわかりませんでした。その男は何かと注目を浴びたがる子で、変な事というか、際どい事をやっている自分をアピールするためにやっていたような気がします。

 しかしこういうのはどうやって次世代に受け継がれていくんでしょうねえ。もう平成も30年になろうとしているのに、いまだにこんな遊びがあることに驚きます。全国的にあるんでしょうかね・・。しかしこれが逮捕に結びつくのが今の世の中という気もします(もちろんこれが失神ゲームの名を借りたいじめであれば大問題ですが)

【スポンサーリンク】





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

 4K/8K放送 録画禁止を民放5局が要望  見たければテレビの前にいろ   [社会]

4K/8K放送の技術規格および運用ルールを話し合う業界団体「次世代放送推進フォーラム(NexTV-F)」で4K以上の高精細放送において一切の録画を禁止する「コピーネバー(複製禁止)」機能の運用が検討されています。

【スポンサードリンク】





反響の大きかったこの問題ついては、2月8日に開かれたNexTV-Fの理事会でも取り上げられ、各ステークホルダーから意見が出されました。その議論の中で、残念ながらコピーネバー運用を進めたい放送局側からは、視聴者の視点で”公共放送”について論じる意見は出なかった模様です。もうこの段階で信じられないほどズレてます。

”コピーネバー”という印が付けられた番組は、たとえ一時記録であっても録画することはできず、放送時間にテレビの前にいなければコンテンツを楽しむことができないという事です。この機能の運用に関して、無料放送や月極有料放送で使うことが過去に禁じられていましたが、民放5局の要望によって運用を可能にしたいという提案が行われています。

過去には「B-CASカード」や「コピーワンス(複製を1本のみ作成可能とするルール)」の運用で、視聴者を無視し、独断で放送事業者が一斉に画一的なルール運用をし始めて、無理やり定着させています。民放各社としては、このような過去の「成功」があるために、今回の録画禁止も決めてしまえば視聴者は従うだろうという目論見があるのでしょうね。しかし、それはどうでしょうか。

最近は録画によっていつでも見られる事が前提になっていて、絶対オンタイムで見る必要があるのはスポーツ中継などライブでしか醍醐味の味わえないコンテンツだけです。生活様式を選ばない「録画」という機能があることが、いまのテレビ放送視聴の前提になっています。特に連続ドラマなどは、録りだめして後でまとめて見るという人は結構いるでしょう。こういう視聴行動を全く無視し、観たいならテレビの前にいろ という方針は、もう時代錯誤を通り越して、気が狂ってるのかと思うほどですね。ただでさえテレビ自体が見放されつつある現状で、わざわざ自分たちのクビをしめるような事をしているとしか思えません。一部の人間が録画したものを複製してネット上に流す事による損失を排除したいという考えもあるんでしょうが、こういう一部の連中の行為を阻止するために、単純に自分が楽しむ為だけの目的で録画して視聴しようと思っている圧倒的多数の利用者の視聴行動を制限して、結果的にテレビ離れが進んでしまったら、なんの意味もないと思うんですがね・・・。

【スポンサーリンク】




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

新「イソジン」に「カバくん」と類似キャラクター 明治、シオノギに使用差し止め申し立て [社会]

新「イソジン」に「カバくん」と類似キャラクター 明治、シオノギに使用差し止め申し立て


明治の「イソジンうがい薬」。パッケージには「カバくん」がデザインされている。明治は2月9日、ムンディファーマとシオノギヘルスケアに対し、不正競争行為差止等仮処分命令の申し立てを行ったと発表しました。両社が4月に新発売するうがい薬「イソジン」のパッケージに、明治が商標登録している「カバくん」と類似したキャラクターが使われているためです。

同グループは1961年以降、ポビドンヨード製剤を「イソジン」の商標で販売してきましたが、3月をもって商標ライセンス契約を終了し、4月以降自社ブランド品として発売すると発表していました。商標を持つムンディファーマが自社販売に乗り出すためで、国内販売は塩野義製薬の子会社・シオノギヘルスケアが引き継ぐとしていました。
「明治うがい薬」と製品名を改め、商標登録している「カバくん」をパッケージに使用する方針でしたが、シオノギヘルスケアの新しい「イソジン」にも類似のキャラクターがデザインされることが判明。2度の書面でのやり取りの末、「申し入れは実現されない」と判断し、申し立てを決めたということです。

これはこの記事でどうなるか予想してたんですが、ムンディファーマ&シオノギセコいっすねええwライセンス奪っておいて、さんざん親しまれたカバくんまでむしりとる神経。このニュースを知らない人はカバくんみて買っちゃいますからね。セコすぎです。大企業の会議なんてドラマでしか見たことないですけど、オッサンががん首揃えて、「カバ使っちゃいましょう」と判断したわけでしょ?なんか、大企業の「生きざま」としてどうなのかなと思いますよね。さんざん一緒にやってきた盟友をぶった切って、別の会社を窓口にしたんですから、そこは中身で勝負しろって話でしょう。カバ使って「今までと変わりませんヨ」みたいな顔してごまかして売ろうなんて、

セコいっすよ

朝っぱらから大企業のセコいニュースでどうもスイマセン。

【スポンサーリンク】






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

北朝鮮軍総参謀長、処刑か? かりあげクン・・・もの考えられる人いなくなっちゃうよ? [社会]

北朝鮮軍総参謀長、処刑か? かりあげクン・・・もの考えられる人いなくなっちゃうよ?


 北朝鮮情勢に詳しい消息筋は10日、北朝鮮軍の李永吉総参謀長が今月初め、処刑されたという情報を明らかにしました。分派活動などの嫌疑という。事実だとすれば、金正恩第1書記は核実験や長距離弾道ミサイル発射で国威発揚を図る一方、国内的には軍幹部の粛清で引き締めも強めていたことになります・・・・というニュースなんですが、幹部クラスをこの調子でバンバカ粛清したら、モノ考えられる人がいなくなっちゃうんじゃ・・・(^^;)

 軍幹部やってるくらいですから、北の中でも知的レベルの高い人でしょう。特に軍に関して言えば当然ながら専門性の高い分野でその道のトップが幹部になっているわけで、言ってみりゃ軍師官兵衛レベルの重臣をバタバタ処分しているようなもんですよね。これもう独裁者の断末魔臭出てません? 周りがみんな敵に見えちゃって、刀ブンブン振り回してる感じ・・・お父さん時代の重臣を処分しているという見方もありますが、きちんと次の代の幹部が育ってるんでしょうかね。かりあげクンまだ若いですからねえ・・・追いつめられたらとんでもない判断しそうで、ホント怖いですよね。

 アメリカの情報機関を統括するクラッパー国家情報長官は、核開発を進める北朝鮮が 実験用原子炉を再稼働させ、核兵器に必要なプルトニウムの抽出を数週間から数か月以内に始める可能性があるという分析を明らかにしていて、どうも近いうちにアメリカに核をお見舞いする準備が整っちゃいそうですし・・・。

 中国はそろそろ北をかばってアメリカの間に挟んでおくメリットがなくなり、かりあげクンを見限りつつあるという話もあります。ただ、今の体制が崩壊すると難民でエライことになるので、そのへんのソフトランディングをどうするか・・・という議論になっているなんて話もあります。何しろ平壌という独裁システム維持のための首都の幸福を支えている北朝鮮全土の圧倒的な人達が一気に流入してくる可能性があるわけで。とにかくかりあげクンをどうにかしないとどんどん危なくなっていくし、かといって、荒っぽい事をすれば難民がなだれこんでくるし・・・アメリカとしては、核弾頭がミサイルのさきっちょにつくまでにはなんとかせにゃいかんとは思ってるんでしょうけどね・・日本としては国連の制裁強化に乗っかるくらいしか今できる事はないですからねえ。やっかいなお隣さん問題はまだまだ解決しないままです。ホントやれやれですね。

【スポンサーリンク】





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。