So-net無料ブログ作成
検索選択

縄文期は争い少なめだった? 暴力死亡率1%台 岡山大教授ら人骨分析 [考古学]

縄文期は争い少なめだった? 暴力死亡率1%台 岡山大教授ら人骨分析

縄文人の社会は争いが少なく平穏だった―。岡山大大学院社会文化科学研究科の松本直子教授(認知考古学)、山口大国際総合科学部の中尾央助教(科学哲学)らの研究グループが、全国の縄文遺跡で出土した人骨を調べ、暴力による死亡率を分析。欧米などのデータと比べ5分の1以下の「1%台」と算出し、英国の科学雑誌に30日発表しました。

【スポンサードリンク





発掘調査報告書で、出土人骨の状態が確認できる国内242の遺跡から、成人の人骨1275体のデータを収集。13遺跡の23体に何らかの武器で攻撃を受けた痕跡があり、割合は1・8%だった。子どもも含めると0・9%まで下がります。岡山県内では津雲貝塚(笠岡市、国史跡)など5遺跡の113体のうち、船元貝塚(倉敷市)の1体だけ、胸部に石鏃(せきぞく)が刺さっていました。欧米やアフリカでは、縄文期と同じ狩猟採集時代の遺跡から大量虐殺を示す人骨が発掘されるなど、暴力での死亡率が十数%を占める研究データがある。テロや紛争が頻発する世相と絡めて、人類学や哲学の分野で「戦争は人間の本能」との考えが広がりつつあるといいます。今回の結果を、松本教授は「縄文期の日本列島は、狩猟採集できる食糧がまんべんなく分布し、人口密度も低いことから集団間の摩擦が少なかった」と分析。さらに「人類が必ずしも暴力的な本能を持ってはいないことも示す。戦争の原因を人の本能に求める風潮に再考を迫る一歩になる」としています。

 なんか考えさせられる研究ですね。頻発する海外のテロを見たり世界史を振り返ると、人間は基本戦争したがってるよなと感じてしまうんですが、環境さえ整っていれば、あえて争いを求めない事がわかります。しかし地球は丸く人類は移動します。結局争いを持ち込む輩がいるので、もしその地域の環境が良いままでも、穏やかに暮らし続けることはできません。ヤマトが入ってくる前のアイヌが森の恵みをいただき感謝しながら穏やかに暮らしていたり、アメリカの先住民が、「大地の恵みは分け与えるものだ」と言って(その後自分たちを根絶やしにする敵に変貌した)初期のヨーロッパからの移民が病気と飢えで死に絶えそうになっているのを救った話を思い出します。
 
 適度に人が少なく食物が豊富にあって、他地域と環境が隔絶されてさえいれば、人は穏やかに生きていけるって事ですね。あとは「足るを知る」って事でしょうね。金が欲しい 油が欲しい、あいつの土地が欲しい・・・争いは所有の概念と支配非支配の関係が確立した事で組織化され、技術の発達で、もはや生物を根絶やしにできるまでになってしまいました。ある地域で人口が増え、増えた人口を効率的に維持する必要性から農耕技術が発達し、それが新たな人口爆発につながり、多くの人間を組織化する必要性と効率の良さから支配非支配の関係が生まれ、一度支配者側になって多くを所有できるようになると、より多くを欲するようになり・・・結局脳を発達させた人類は人口が増えていく過程で争いごとを起こすように運命付けられているような気がします。足るを知ることができない人類は、いつか自分で自分のクビを絞める日が来るのかもしれません。最近の世界全体の空気は、その日がそう遠くないんじゃないかと思わせるものですね。せっかく穏やかなニュースだったのに、結論がドンヨリしてしまいました。

【スポンサーリンク】




横綱白鳳の「注文相撲」に賛否 しかしルール上は何の問題もない それが問題だ。 [スポーツ]

横綱白鳳の「注文相撲」に賛否 しかしルール上は何の問題もない それが問題だ。


大相撲春場所千秋楽(27日、大阪府立体育会館)、横綱白鵬(31=宮城野)が横綱日馬富士(31=伊勢ヶ浜)を突き落としで下し、4場所ぶり36回目の優勝を果たしました。 表彰式のインタビューでは感極まって涙を見せ、答えられなくなりました。怪我や偉大な父親との記録のことなどが去来したようです。ブーイングはあまり関係ないようですね。今場所はこれまでにも問題視されてきたダメ押しでとうとう重傷者を出してしまいました。今後も改善が見られなければ「出場停止」などの厳罰を求める声が親方衆からは上がっているようです。

【スポンサードリンク





優勝を決めた、日馬富士との結びの一番。白鵬は立ち合いで相手の視界をさえぎるように右手をかざすと、突っ込んでくる日馬富士を左へかわしながら突き落としました。 いわゆる“注文相撲”によるあっけない決着に超満員の観客からはブーイング。穏やかな日本人ですが、大阪のファンは甘くないようです(比較的)。ヨーロッパなら客席でファンとアンチで殴り合いが始まってもおかしくない横綱同士の相撲だけに、軽いブーイングで済んでしまうという日本人の温和さを感じる一幕でした。解説の北の富士勝昭さんがひとしきり文句を言っていましたが(いつものことですが)インタビューで白鳳が涙を見せた途端急に批判のトーンが消え去ってしまったのも、舌鋒鋭い彼でも涙を見た途端に突然日本人的になるんだなあ・・・と、ちょっと微笑ましくもありましたが。その中、最後まで情に流されずに持論を展開した舞の海さんですが、元朝青龍のドルジさんにツイッターで罵られてしまいましたね。

ルール上「変化すること」は禁止されておらず、スポーツである以上全く問題はありません。とはいえ、伝統芸能的側面のある大相撲ですので、トップに立つ横綱には「日本人的品格」が求められるのも致し方のない所です。「やあやあ我こそは~」 「敵ながらアッパレ」のメンタリティである日本人と、重臣の一人に「男として最大の快楽は何か」と問いかけられた時、「男たる者の最大の快楽は敵を撃滅し、これをまっしぐらに駆逐し、その所有する財物を奪い、その親しい人々が嘆き悲しむのを眺め、その馬に跨り、その敵の妻と娘を犯すことにある」と答えたと言うチンギス・ハーンの末裔達のそれは、やはり違うのかもしれません。思わず敵に塩を送ってしまう日本人気質と、敵は動かなくなるまで徹底的にやることで生き残ってきた人たちでは、勝負そのものに対する感覚が違って当たり前です。ある意味文化の違いであり、これをルール化もせずに批判しても意味がありません。「土俵を割った相手に対し一度でも攻撃的意図をもって接触したら反則」「3回繰り返せば出場停止」などのルール改正をすべきだと思います。大怪我をする人間が出たこのタイミングしかありません。また、変化による勝利を避けたいなら、「三役以上の役力士は、変化禁止」とすればいいだけです。変化した瞬間に反則負けにしてしまえば、今回のような白けた事にはなりません。

これ以外に以前から気になっているのが、立会いの際の「手つきとタイミング合わせ」の問題です。手つき不十分については何度も問題視されていますが、いまだに改善されていませんし、お互い自分のタイミングで出たいと思うあまり、まったく呼吸を合わせずにやるため(それどころか、あえて呼吸を外そうとする力士が多いですね)立会不成立が量産されます。これもルール化されていないのが原因です。
「両手をつき、お互いに呼吸を合わせる。立会う瞬間までは駆け引き禁止」とすればいいだけの事です。子供相撲のように、はっけよーい、のこったでスタートすればまったでイライラさせられることもありません。
この辺は柔軟にルール改正したらいいんじゃないでしょうか。ビデオ判定が導入され、さまざまに近代化されている大相撲なのに、肝心な部分が全近代的なのは不思議な話ですね。

【スポンサーリンク】







<胴体は相当満足>  不倫絶倫乙武氏の嫁さんが何故か謝る  <フリーダム杉> [エンタメ]

ベストセラー「五体不満足」の著書で知られる作家の乙武洋匡(ひろただ)氏(39)が24日、同日発売の「週刊新潮」で報じられた不倫騒動について、仁美夫人とともにそれぞれコメントを発表しました。

 【乙武仁美さんコメント全文】

 このたびは、夫、乙武洋匡の行動が週刊誌で報じられた件につきまして、多くのみなさまにご迷惑をおかけしたことをお詫び致します。このような事態を招いたことについて、妻である私にも責任の一端があると感じております。今日に至るまで二人でしっかり話し合った結果、3人の子どもたちのためにも、あらためて夫婦ともに歩んでいくことを強く決心いたしました。
本人はもちろん、私も深く反省しております。誠に申し訳ございませんでした。

平成28年3月24日

乙武仁美


乙武氏の不倫騒動には驚きましたが、嫁さんが謝るという行動に出た事は驚きを通り越して意味不明ですね。この状況で乙武氏はまだ選挙に出るんでしょうか。つうか、ワイドナショーに出てきて松ちゃんに釈明できるんかな。ああ見えて愛妻家な松ちゃんはこの事件には相当腹立ててるでしょう。しかし、ワイドナショーは清原もそうだし、騒動を起こす人がタイムリーに関わりますね。なんかこの嫁さんのニュースを見て、ISの行動を思い出しました。連中は女性に抵抗できない状態で暴行をしておいて、された奴が悪いと言って女性を処刑します。程度の差や、男性のターゲットが別であったという点は違いますが、論理は同じですね。男の側が不始末を起こしておいて、女性側にも責任があったという異常な理屈を受け入れて、唯々諾々と謝罪文を出す嫁さんの神経がわかりません。まあ3人の子供を抱えているし、夫の社会的なダメージを最小限にしたいという事でしょうか。とりあえず子供が育つまでは仕方がないという事かもしれませんが・・・。久しぶりに吐き気のするニュースでした。年初から、嫌な男のニュースばかりですね。別に清廉潔白ぶるつもりはありませんが、ものには限度ってのがあると思いますよ。しかし乙武氏の闇は予想以上に深いですね。

【スポンサーリンク】




モチベが上がって行きません・・・ [雑談]

北のかりあげクン(前から見ると黒電話の受話器頭)の鼻息が荒かったり、その他こまけーニュースはありますが、なんとなくガス欠で更新モチベが上がりません・・・。ものすごくアホらしいニュースとか、ツッコミいれたくなるようなのがないんだよな~~・・・というわけで、猫動画に逃げる
スリスリされたすぎる~


【スポンサーリンク】






毎日更新記録が途絶えたので若干モチベが下がっている・・ [雑談]

というのもありますが、まあこれといって書きたいニュースもない感じで。
年初からデカイネタがドカンドカンと続いたので、ちょっと息切れ感ありますね。
2日書かないのも寂しいのでとりあえず雑談・・・ といっても特に話題がないっすね・・・
眠いのでとりあえず今日はこれでやめておきます。
困った時の猫だのみ


【スポンサーリンク】




5年も経った実感がない・・・ [雑談]

あの日からもう5年ですね。
実は私の親戚の何人かは結構ハードに被災してまして、
一般の人よりは他人事じゃないんですが、
それでも時の経過は色々と薄めてしまいますね。
福島仙台に住んでいる親戚関係はもう震災についての話は全くしません。
本人達がしないのに、こっちが持ち出すのも気が引けてしまうので
結局その系統の話題はどこかアンタッチャブルな空気ですね。
まあですから、何かお役に立つことをやると言っても
直接親戚に手を差し伸べるということはなく、
あくまで被災してない地域の個人が匿名で何かをする、という感じになります。
個人でできることは限られますし、大した力にはなりませんが、
まあできる範囲でやれることをやったらいいかなと、そう思います。



今日もとりあえず平和な日本でした。 [雑談]

今日もニュースがあったと言えばあったんですが、
なんか書く気が起きなくてなんとなくこの時間になってしまいました。
川谷さんの話もエグいし、平沢議員のテレビのやつもね・・・
書こうと思えばネタの2つ3つあったけど、川谷さんのほうは今更感と
ゲスすぎてダメな人はとことんダメだなあという確認作業にすぎず、
平沢さんも似たようなもんで、自民党の議員さんのメンタリティなんて
まあこんなもんだという確認作業にすぎず、それでも野党を選べない
日本国民の悲劇に気が滅入るだけの話になり・・・
こういう時は猫を見て過ごすのがいいという経験則。


子猫泳いでこないかなあ・・・

【スポンサーリンク】






自民党、乙武洋匡氏擁立で最終調整 [政治]

自民党、乙武洋匡氏擁立で最終調整


自民党が来る国政選挙で、著書「五体不満足」などで知られる作家で元・東京都教育委員の乙武洋匡氏の擁立に向け、最終調整していることが分かりました。乙武氏は著作活動のかたわら、2013年には東京都の教育委員に就任。しかし去年12月に任期途中で辞職し、政界に転身するのではとの見方が出ていました。先日のワイドナショーでは政治家にはならないような事をはっきり言ってましたが・・・その時からすでにメンタル的には政治家になってたというわけですね。夏の参院選を前に、自民党は東京選挙区か比例代表での出馬を求めてきましたが、衆参ダブル選挙の臆測もある中、関係者によると乙武氏は国政選挙への出馬に意欲はあると見られています。乙武氏は、「生まれつき環境に恵まれない人でも活躍できる社会を実現したい」との考えで、安倍政権が掲げる1億総活躍社会の政策にも共感しているようです。

乙武氏は政治的にはリベラル寄りだと思いますが、まあ現状で何かを実現しようと思ったら自民党一択ですから、この判断は正しいと言わざるを得ませんね。今までの発言との整合性が自民党に入って取れるのか?無所属で良かったのでは?という著名人の意見もありますが、野党や無所属ではただガヤになるだけで何のパワーも持てませんからね。ただ政治家になりたいだけならいいでしょうけど・・・。もう今の野党がまとまって一定のパワーを持つ事は不可能ですから、むしろ自民党の中に野党を抱え込む形になっていく以外、方法がないような気がします。かつては党内の派閥の力関係によって政治が動いていました。しかし金をどれだけ集められるかが派閥力学を決めていた昭和スタイルに戻ったのでは何の意味もありません。政策的に右からリベラルくらいまでを包含する形でいい意味での政策的な対立関係ができるような緩やかな派閥を形成し、お互いがけん制し合えるような政党になるのがベターかなと思います。異論を挟んでも握りつぶされるのがオチなので、みな黙りこくってしまう、憲法違反の法律もツルッと通ってしまう、政権批判したら停波すんぞ・・みたいに取られかねない発言が普通に出てしまうような中国共産党臭漂う今の自民党の空気感は、やはり怖いですからね。そういう意味で乙武氏のような人が自民党の議員になるのは悪い事じゃないと思います。もちろん入って取り込まれてしまい、見事な職業的「保守政治家」になってしまったら、全く意味はありませんけどね。

【スポンサーリンク】




<なでしこ崩壊>   澤さんはただのレジェンドではなかった・・・  <厳しい再出発> [スポーツ]

<なでしこ崩壊>   澤さんはただのレジェンドではなかった・・・  <厳しい再出発>


女子日本代表なでしこジャパンが、リオデジャネイロ五輪アジア最終予選で敗退し、4大会連続の五輪出場を逃しました。 ベトナムを6-1で下して意地の初勝利を挙げましたが、オーストラリア中国が五輪確定。 女子が五輪出場を逃すのは00年シドニー大会以来16年ぶりとなりました。 昨季限りで現役引退した澤穂希さん(37)を大黒柱に、11年W杯ドイツ大会で初優勝するなど栄光の時代を築いたなでしこに一体何が起きたのでしょうか。

この敗退へのシナリオは、すでにあの時から始まっていたのかもしれません。昨年末、監督の佐々木氏の耳に澤引退の一報が突然舞い込みました。 澤さんは「リオ五輪で勇退」という臆測もあったため、思わずこう漏らしたそうです。「誤算。リオに連れていくつもりだった」

澤さんを失ったチームは予想以上にガタガタになっていたようです。 プレー以上に大きかったのは、やはり「精神的支柱」としての澤さんの役割でした。澤さんは、主将の宮間さんと若手選手の間を埋めることができるたった一人の存在。緩衝材であり、トランスレーターであり、いざというときにただそこにいるだけで安心できる「巨木」。これが抜けてしまったチームは、どうにもまとまりようがなかったようです。 宮間さんはピッチ上の指揮官として、時に佐々木氏の要求すら突き返すほど気が強く、自分にも他人にもスキを与えない鬼軍曹タイプ。 ある若手は苦笑いして言いました。「厳しすぎ。みんな萎縮しちゃって、何も宮間さんには言えませんよ」 ところが宮間さんからすれば「甘すぎる」となるのです。溝は深まるばかりだったようです。 そこで潤滑油として存在していたのが澤さんでした。11年W杯優勝を契機に宮間さんへ主将を引き継いだ後、自宅に招いて手料理を振る舞い 「私がみんなとの間に入るから。あやは好きなように引っ張って」と背中に手を回しました。 15年W杯ではベンチからチーム全体を見渡し、練習でサブ組から激しく突き上げ、 佐々木監督と負傷離脱寸前だった岩渕さんの話し合いも取り持ち、正確な意思疎通の為に一役買っていました。

レジェンドと私達は簡単に言っていましたが、澤さんの存在は単に選手としてすごいだけでなく、選手と監督、若手とベテラン、それぞれの間を絶妙に調整する非常に能力の高いコーディネーターでもあったわけです。こんな人が抜けてしまったら、それはひとたまりもありません。

澤さんを失ってから初めての大会。10番を受け継いだ大儀見さんはなんとか彼女のいなくなったチームをまとめなければと気負いすぎたのか、 連日、取材エリアでチームメートへの苦言を呈するようになったといいます。4日中国戦に敗れた後は「ピッチに立つ以前の問題」と泣き、怒りの矛先を仲間に向けました。 ところが、これらの手厳しい言葉はチーム内で1度も発していなかったのです。 ある選手は、いつも報道を通じて伝わる大儀見の批判に「話す場所が違うでしょ」と疑問を呈していました。

FIFA年間女子最優秀選手賞に、W杯MVPと得点王。「苦しい時は私の背中を見て」 澤さんは全く代えの利かない存在でした。 澤さんがいなくなり、ミスした選手に詰め寄る選手も出てきたといいます。「みんなの前で謝罪してよ。気が済まないから」完璧な緩衝材がいなくなり、ギスギスとした感情が直接ぶつかり合うようになってしまっては、チームスポーツはもうどうにもなりません。

監督が退任を決め、さらにベテランがぞろぞろと代表を退く意向を固め、嫌でも新しいなでしこを再建するしかありません。澤さんが何らかの形でチームに関わるか、彼女一人に頼っていたスタイルを完全にやめ、新たな戦略でゼロからニューなでしこを作るのか・・・次の世界大会は19年W杯フランス大会。3年半後にこの状況が克服できているのでしょうか。なかなか厳しい再出発となりました。

【スポンサーリンク】




<もう飽きた> 北朝鮮、米韓合同軍事演習に「総攻撃に突入する」と威嚇…国防委声明 <狼はなかなか来ない> [国際]

<もう飽きた> 北朝鮮、米韓合同軍事演習に「総攻撃に突入する」と威嚇…国防委声明 <狼はなかなか来ない>


北朝鮮は7日、韓国と米国が歴代最大規模の合同軍事演習「キー・リゾルブ」と野外機動訓練「フォールイーグル」を開始することに関して「総攻撃に突入する」を威嚇しました。

 朝鮮中央通信によると北朝鮮はこの日、国防委員会の声明を通して「我々の共和国の自主権と安全を乱暴に侵害し、生存空間を核惨禍の中に追い詰めようとする米国とその追従勢力の核戦争挑発狂気に、全面対応するための総攻撃に突入する」と伝えました。続けて「敵が押し切る合同軍事演習が共和国の自主権に対する最も露骨な核戦争挑発と見なされた以上、それに伴う我々の軍事的対応措置もより先制的でより攻撃的な核打撃戦になる。我々が断行する無差別的な核打撃戦は、侵略と戦争に血眼になった者に主体朝鮮の軍事的見せしめがどのようなものかを、身震いするよう見せることだ」と主張しました。

相変わらずですが、こういうのは繰り返してると、「結局あんたらやる気はないでしょ」と思われてしまうので、そうならないようにちょっかいのレベルを上げていかなければならないですよね。以前の「威嚇」ですでに人が犠牲になってますが、あれ以上の何かを仕掛けてきても不思議じゃないですよね。ただ、本気で戦争をやる気でそれを優位に進めたいなら、わざわざ米韓が最新の武器をたくさん集めて演習してるような時に仕掛けるなんてアホなことはしないでしょうし、「やるぞやるぞ」と連絡してくるのも変な話なんで、まあいつものパターンだろうとは思います。しかし、毎度声明の鼻息の荒さには笑ってしまいます。

「最後の攻撃命令を待っている」 「わが軍は口先だけでは終わらない」 「全面戦争も辞さない」

「われわれの近代的な攻撃手段が吐き出す敵撃滅の火の矢によって心理戦手段は灰燼と化する」

「情勢の破局をもたらした者は、無慈悲な報復を免れないであろう

「朴槿恵が共和国にむやみに挑戦し、戦争の狂気を振るうなら、無慈悲な懲罰によって骨も拾えなくなるであろう 」

「南朝鮮好戦狂らが絹のふろしきを百度かぶっても、その醜悪な体から漂う戦争の火薬のにおいを包むことはできない」

 
 北の威嚇コピーライターもそろそろネタがつきそうですね(^^;)

【スポンサーリンク】






この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。