So-net無料ブログ作成
検索選択

縄文期は争い少なめだった? 暴力死亡率1%台 岡山大教授ら人骨分析 [考古学]

縄文期は争い少なめだった? 暴力死亡率1%台 岡山大教授ら人骨分析

縄文人の社会は争いが少なく平穏だった―。岡山大大学院社会文化科学研究科の松本直子教授(認知考古学)、山口大国際総合科学部の中尾央助教(科学哲学)らの研究グループが、全国の縄文遺跡で出土した人骨を調べ、暴力による死亡率を分析。欧米などのデータと比べ5分の1以下の「1%台」と算出し、英国の科学雑誌に30日発表しました。

【スポンサードリンク





発掘調査報告書で、出土人骨の状態が確認できる国内242の遺跡から、成人の人骨1275体のデータを収集。13遺跡の23体に何らかの武器で攻撃を受けた痕跡があり、割合は1・8%だった。子どもも含めると0・9%まで下がります。岡山県内では津雲貝塚(笠岡市、国史跡)など5遺跡の113体のうち、船元貝塚(倉敷市)の1体だけ、胸部に石鏃(せきぞく)が刺さっていました。欧米やアフリカでは、縄文期と同じ狩猟採集時代の遺跡から大量虐殺を示す人骨が発掘されるなど、暴力での死亡率が十数%を占める研究データがある。テロや紛争が頻発する世相と絡めて、人類学や哲学の分野で「戦争は人間の本能」との考えが広がりつつあるといいます。今回の結果を、松本教授は「縄文期の日本列島は、狩猟採集できる食糧がまんべんなく分布し、人口密度も低いことから集団間の摩擦が少なかった」と分析。さらに「人類が必ずしも暴力的な本能を持ってはいないことも示す。戦争の原因を人の本能に求める風潮に再考を迫る一歩になる」としています。

 なんか考えさせられる研究ですね。頻発する海外のテロを見たり世界史を振り返ると、人間は基本戦争したがってるよなと感じてしまうんですが、環境さえ整っていれば、あえて争いを求めない事がわかります。しかし地球は丸く人類は移動します。結局争いを持ち込む輩がいるので、もしその地域の環境が良いままでも、穏やかに暮らし続けることはできません。ヤマトが入ってくる前のアイヌが森の恵みをいただき感謝しながら穏やかに暮らしていたり、アメリカの先住民が、「大地の恵みは分け与えるものだ」と言って(その後自分たちを根絶やしにする敵に変貌した)初期のヨーロッパからの移民が病気と飢えで死に絶えそうになっているのを救った話を思い出します。
 
 適度に人が少なく食物が豊富にあって、他地域と環境が隔絶されてさえいれば、人は穏やかに生きていけるって事ですね。あとは「足るを知る」って事でしょうね。金が欲しい 油が欲しい、あいつの土地が欲しい・・・争いは所有の概念と支配非支配の関係が確立した事で組織化され、技術の発達で、もはや生物を根絶やしにできるまでになってしまいました。ある地域で人口が増え、増えた人口を効率的に維持する必要性から農耕技術が発達し、それが新たな人口爆発につながり、多くの人間を組織化する必要性と効率の良さから支配非支配の関係が生まれ、一度支配者側になって多くを所有できるようになると、より多くを欲するようになり・・・結局脳を発達させた人類は人口が増えていく過程で争いごとを起こすように運命付けられているような気がします。足るを知ることができない人類は、いつか自分で自分のクビを絞める日が来るのかもしれません。最近の世界全体の空気は、その日がそう遠くないんじゃないかと思わせるものですね。せっかく穏やかなニュースだったのに、結論がドンヨリしてしまいました。

【スポンサーリンク】




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。