So-net無料ブログ作成
検索選択

<なでしこ崩壊>   澤さんはただのレジェンドではなかった・・・  <厳しい再出発> [スポーツ]

<なでしこ崩壊>   澤さんはただのレジェンドではなかった・・・  <厳しい再出発>


女子日本代表なでしこジャパンが、リオデジャネイロ五輪アジア最終予選で敗退し、4大会連続の五輪出場を逃しました。 ベトナムを6-1で下して意地の初勝利を挙げましたが、オーストラリア中国が五輪確定。 女子が五輪出場を逃すのは00年シドニー大会以来16年ぶりとなりました。 昨季限りで現役引退した澤穂希さん(37)を大黒柱に、11年W杯ドイツ大会で初優勝するなど栄光の時代を築いたなでしこに一体何が起きたのでしょうか。

この敗退へのシナリオは、すでにあの時から始まっていたのかもしれません。昨年末、監督の佐々木氏の耳に澤引退の一報が突然舞い込みました。 澤さんは「リオ五輪で勇退」という臆測もあったため、思わずこう漏らしたそうです。「誤算。リオに連れていくつもりだった」

澤さんを失ったチームは予想以上にガタガタになっていたようです。 プレー以上に大きかったのは、やはり「精神的支柱」としての澤さんの役割でした。澤さんは、主将の宮間さんと若手選手の間を埋めることができるたった一人の存在。緩衝材であり、トランスレーターであり、いざというときにただそこにいるだけで安心できる「巨木」。これが抜けてしまったチームは、どうにもまとまりようがなかったようです。 宮間さんはピッチ上の指揮官として、時に佐々木氏の要求すら突き返すほど気が強く、自分にも他人にもスキを与えない鬼軍曹タイプ。 ある若手は苦笑いして言いました。「厳しすぎ。みんな萎縮しちゃって、何も宮間さんには言えませんよ」 ところが宮間さんからすれば「甘すぎる」となるのです。溝は深まるばかりだったようです。 そこで潤滑油として存在していたのが澤さんでした。11年W杯優勝を契機に宮間さんへ主将を引き継いだ後、自宅に招いて手料理を振る舞い 「私がみんなとの間に入るから。あやは好きなように引っ張って」と背中に手を回しました。 15年W杯ではベンチからチーム全体を見渡し、練習でサブ組から激しく突き上げ、 佐々木監督と負傷離脱寸前だった岩渕さんの話し合いも取り持ち、正確な意思疎通の為に一役買っていました。

レジェンドと私達は簡単に言っていましたが、澤さんの存在は単に選手としてすごいだけでなく、選手と監督、若手とベテラン、それぞれの間を絶妙に調整する非常に能力の高いコーディネーターでもあったわけです。こんな人が抜けてしまったら、それはひとたまりもありません。

澤さんを失ってから初めての大会。10番を受け継いだ大儀見さんはなんとか彼女のいなくなったチームをまとめなければと気負いすぎたのか、 連日、取材エリアでチームメートへの苦言を呈するようになったといいます。4日中国戦に敗れた後は「ピッチに立つ以前の問題」と泣き、怒りの矛先を仲間に向けました。 ところが、これらの手厳しい言葉はチーム内で1度も発していなかったのです。 ある選手は、いつも報道を通じて伝わる大儀見の批判に「話す場所が違うでしょ」と疑問を呈していました。

FIFA年間女子最優秀選手賞に、W杯MVPと得点王。「苦しい時は私の背中を見て」 澤さんは全く代えの利かない存在でした。 澤さんがいなくなり、ミスした選手に詰め寄る選手も出てきたといいます。「みんなの前で謝罪してよ。気が済まないから」完璧な緩衝材がいなくなり、ギスギスとした感情が直接ぶつかり合うようになってしまっては、チームスポーツはもうどうにもなりません。

監督が退任を決め、さらにベテランがぞろぞろと代表を退く意向を固め、嫌でも新しいなでしこを再建するしかありません。澤さんが何らかの形でチームに関わるか、彼女一人に頼っていたスタイルを完全にやめ、新たな戦略でゼロからニューなでしこを作るのか・・・次の世界大会は19年W杯フランス大会。3年半後にこの状況が克服できているのでしょうか。なかなか厳しい再出発となりました。

【スポンサーリンク】




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。